抜け毛予防にたんぱく質を摂取しよう!

抜け毛予防にたんぱく質を摂取しよう!

抜け毛予防にたんぱく質を摂取しよう!

抜け毛予防にたんぱく質を摂取しよう!

 

発毛のための根本的な治療というものは未だ確立されていませんが、
健康的な髪の成長に欠かせない食品はいくつかあります。

 

まず髪の毛の成長に必要な成分はご存知ですか?

 

髪の毛の成長に必要な成分

健やかな艶のある髪をつくるためには、良質なたんぱく質とビタミン・ミネラルなどが必要です。
髪の毛の主な成分はケラチンというたんぱく質なので、
特にたんぱく質の摂取には気をつけておいた方が良いでしょう。

 

今回はそんな健やかな髪を育てるために不可欠な、
たんぱく質について、その摂り方、種類などをお話しします。

 

抜け毛予防にたんぱく質を摂取しよう!

 

先ほど、髪のためには良質なたんぱく質が必要とお伝えしましたが、
この、「良質な」たんぱく質とは、どんなもののことでしょうか。
人間の細胞は20種類のアミノ酸で構成されていて、
その中でも私たちの体の中では作ることができない9種類のアミノ酸のことを必須アミノ酸と言います。

 

人間に必要なこの必須アミノ酸が食品中にどれだけバランス良く含まれているかを表しているのがアミノ酸スコアです。
このアミノ酸スコアが100に近ければ近いほど「良質なたんぱく質」と言われています。

 

アミノ酸スコアが高い代表的な食品は卵、肉・魚・牛乳などいわゆる動物性のたんぱく質です。
これらを食事に1品は適量とり入れて摂りましょう。

 

ここで注意が必要なのは摂りすぎないことです。動物性たんぱく質は良質なたんぱく質ではありますが、
それだけを摂っていればいいかというとそういうわけではありません。

 

動物性たんぱく質には脂質が過剰に含まれていることが多いからです。
脂質は人間の細胞膜を作るための大事な栄養素ですが、
摂り過ぎると頭皮が必要以上に皮脂が多いべたついた地肌となり、皮脂によって毛穴が塞がれ、
炎症になって髪の成長が妨げられ、抜け毛・薄毛の原因になりかねません。

 

抜け毛予防にたんぱく質を摂取しよう!
また頭皮の皮脂は紫外線を浴びやすく、
過酸化脂質に変化して毛穴にこびりつき、髪が成長途中で抜けてしまう可能性もあるのです。

 

そこでお勧めなのが、植物性のたんぱく質の代表でもある「大豆」製品を組み合わせることです。
植物性たんぱく質はアミノ酸スコアが低いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、
「大豆」製品、例えばお豆腐のアミノ酸スコアは86です。100には至りませんが良質なたんぱく質と言えます。

 

また大豆に含まれるイソフラボンによる抗酸化作用も期待出来ます。
3食のうち2食は動物性たんぱく質、
1食はかならず植物性たんぱく質から摂るなどメインを決めるとメニュー選びもスムーズです。

 

バランスの取れた主食・主菜・副菜の揃った食事を良質なたんぱく質と共にとることが健やかな髪への近道です。
髪に良い食品というのは、結局のところ体にも良い食品ということになります。

 

糖質・脂質の多い食事は頭皮にも良いとは言えません。
髪の健康を保つことは、体全体の健康考えているということにつながります。

 

ぜひ明日から心がけてみませんか?

 

関連ページ

メタボと抜け毛予防の関係
みなさん、メタボリックシンドローム(以下メタボ)と抜け毛に関連があるってご存知でしたか?そういわれてみると、年齢を重ねているポッコリおなかの人って薄毛の人が多い気がしますよね。今日はそんな最近話題になっているメタボと薄毛の関係についてお話しします。
抜け毛予防とビタミンの関係
最近抜け毛が気になっていませんか? 季節の変わり目は抜け毛増えてしまいがちですが、同時に頭皮の荒れも起こりやすくなります。お肌も季節の変わり目は荒れがちですよね。頭皮だって顔の肌と同じ一枚の皮ですから、肌が荒れれば頭皮だって荒れることがあるのです。
ミネラル不足が抜け毛予防の邪魔をする
なんだか最近、髪に艶がなくなってきた。抜け毛が増えている気がする。そんなお悩みありませんか?それはミネラル不足のサインかもしれません。