ミネラル不足が抜け毛予防の邪魔をする

ミネラル不足が抜け毛予防の邪魔をする

ミネラル不足が抜け毛予防の邪魔をする

ミネラル不足が抜け毛予防の邪魔をする

 

なんだか最近、髪に艶がなくなってきた。抜け毛が増えている気がする。そんなお悩みありませんか?それはミネラル不足のサインかもしれません。
きちんと食事をしているつもりでも摂取を阻害する食品添加物や酸味料が含まれるインスタントの加工食品を食べていては不足してしまいがちです。またアルコールの飲み過ぎや激しい運動、労働では消費量も多くなります。ストレスもまたミネラルの消費を多くする要因となります。そんな私たちの生活で不足しがちなミネラル分を意識して摂ることが髪の悩みを解決する近道になるかもしれません。

 

 

ミネラル不足が抜け毛予防の邪魔をする
ミネラルはサプリメントで補うのもひとつですが、食事から摂るほうが吸収率は良いです。ミネラルには多様な効果がありますが、細胞を正常に機能させるために必要不可欠な栄養素です。特に、髪の健康によいとされるミネラルは、海藻類に含まれるヨウ素や、貝類、抹茶などに含まれる亜鉛です。
ヨウ素は甲状腺ホルモンに関連するミネラルで基礎代謝促進や成長作用があります。このホルモンがしっかりと分泌されることで髪の毛の発育を促し髪のツヤをよくしてくれます。ヨウ素が含まれる食品は魚介類、特に海藻類です。魚や海草類をふんだんに使う和食中心の昔の日本の食生活では、ヨウ素が不足するということは非常にまれでしたが、西欧化し、コンビニやファストフード中心の食事の人が増えてしまった現代では不足の人も見られるようになりました。過剰にとりすぎると、甲状腺肥大や甲状腺腫の症状が出てくることもあるため、サプリメントで摂るというよりは、食事から摂ることをおすすめします。目安量は130µgで、乾燥わかめだと、約1.7gほどです。味噌汁1杯分弱といったところです。

 

 

ミネラル不足が抜け毛予防の邪魔をする
続いて亜鉛についてです。亜鉛は体内に存在する200以上の酵素を活性化させるために必要不可欠な非常に重要なミネラルの1つです。毛髪の主成分はケラチンというタンパク質ですが、亜鉛が不足するとこのケラチンの合成がうまくいかず、脱毛しやすくなります。また不足すると味覚障害なども引き起こします。亜鉛は魚介類(特にカキなどの貝類)、海藻類、肉類に多く含まれています。目安量は大体12mg前後です。大体牡蠣9個分ほどに相当します。亜鉛もヨウ素同様に摂取過剰は胃障害、めまい、吐き気などの症状を引き起こすこともあるため注意が必要です。目安量の範囲内で意識して摂るようにしましょう。○○に良いと聞くとついつい効果を期待してたくさん食べたくなるものですが、「過ぎたるは猶及ばざるがごとし」というように、自分にあった適量をしっかりと守って過不足のないように摂取することが大切です。ミネラルをしっかりとって、美髪を目指しましょう。

関連ページ

メタボと抜け毛予防の関係
みなさん、メタボリックシンドローム(以下メタボ)と抜け毛に関連があるってご存知でしたか?そういわれてみると、年齢を重ねているポッコリおなかの人って薄毛の人が多い気がしますよね。今日はそんな最近話題になっているメタボと薄毛の関係についてお話しします。
抜け毛予防にたんぱく質を摂取しよう!
発毛のための根本的な治療というものは未だ確立されていませんが、健康的な髪の成長に欠かせない食品はいくつかあります。 まず髪の毛の成長に必要な成分はご存知ですか?
抜け毛予防とビタミンの関係
最近抜け毛が気になっていませんか? 季節の変わり目は抜け毛増えてしまいがちですが、同時に頭皮の荒れも起こりやすくなります。お肌も季節の変わり目は荒れがちですよね。頭皮だって顔の肌と同じ一枚の皮ですから、肌が荒れれば頭皮だって荒れることがあるのです。